新しいiPhoneではなく、ひとつ前のiPhone 8 Plusを買った理由

f:id:kotsuna:20180914064155j:image

9月13日についに新しいiPhoneが発表になりました。

私はiPhoneSEにMVNOのSIMを差して使っているのですが、どうも最近は老眼が酷くなってきて小さい画面だと見づらい時もあることから、新しいiPhoneが出たら買い換えることを考えておりました。

 

そしてついに発表され、スペックなどを調べていたのですが、そしたらiPhone8 Plusでもよくね? と思うようになりました。その理由を書きたく思います。

 

まず自分がiPhoneSEに物足りないと思っていることが、

①画面が小さい

②カメラに望遠機能が欲しい

③3Dタッチで、アプリによってはもっと便利に使いたい

と言うことであり、それ以外でも特に困っていることもありませんでした。

 

で、発表前に一番候補にしていた『iPhone XR』

こちらだと、①は充分に満たしているものの②③が付いていないんですよね。

 

となると、『iPhone XS』となるのですが、

・Face IDいる?

・最新のA12チップは15%しか処理速度はアップしない

   (グラフィック性能は50%アップですが、ゲームしないし)

有機ELは魅力的

・耐水性能が2mになっても、たぶん使わない

ポートレートモードが進化したようだけど、ポートレート写真を撮ることは稀

といったような個人的理由からすると、特に欲しいというほどでは無いんですよね。

 

特に気になるのが価格

iPhone XSの64GBは112,800円

それに対してiPhone8 Plusは78,800円と、34,000円も差があります。

 

と言うことで、最新のiPhoneを手に取り、新しい機能を楽しむというのもありだったのですが、今回は予算的理由が大幅な理由を占め(笑)、一世代前のiPhone8 Plusを購入することにしました。手に届くのが楽しみです😊

 

地元での飲みの夜

f:id:kotsuna:20180912082558j:image

昨晩は久しぶりに夜の予定が無く、かつ仕事は定時終わり。「これは久しく行っていないお店に行かねば」と勝手に思い込み、地元の飲み屋へ。

 

一軒目が焼酎バーの『伊丹WADO』

いきなりバー?

そう、ここはなんでもドリンク一杯600円なのですが、20時までだと400円!  とお得なので最初に入店。

 

一杯目に頼んだのが、マスターが力を入れてPRしている『伊丹ハイボール

f:id:kotsuna:20180912081955j:image

f:id:kotsuna:20180912082653j:image

伊丹には「たみまるレモン」と言うレモンがあってそれになぞったご当地ハイボール。オレンジの甘みとすっぱさがあってとても飲みやすい。

 

2杯目は当然焼酎。

以前飲んでとても美味しかった白石酒造の『黒天狗』

f:id:kotsuna:20180912082539j:image
f:id:kotsuna:20180912082535j:image

これはオススメの芋焼酎

 

次は飲んだことのない『伊佐大泉』

f:id:kotsuna:20180912082817j:image

f:id:kotsuna:20180912082955j:image

ボトルが『伊佐美』の横に置かれているから、てっきり『伊佐美』と同じ酒造メーカーと思いきや、全く違いました(^-^;

味は芋芋しておらず、焼酎飲んでいると言う感じ。あぁうまく表現できん( ;  ; )

 3杯飲んで、チャージ代と合わせてお会計は1,500円なり。

 

さて、WADOを出たのが20時半ごろ。

夜はまだまだ(^ ^)    JR伊丹駅近くの椅子のある立ち飲み屋『つるつるいっぱい』へ行って、友人と合流。

 

f:id:kotsuna:20180912121904j:image

ここへ来てようやくビールを飲む🍺

中身は『隅田川ブルーイング 』なり。

やはりこのクラフトビール は自分好みの味。これが飲めるのがありがたい!

 

ちなみに写真を撮るのを忘れていたけど、友人が頼んでいた、とびうおの刺身が意外と美味しかった!

 

結局ここで隅田川ブルーイングを2杯飲んで、一品頼んでご馳走様。

お会計は1240円なり。

 

あぁ楽しかった(o^^o)

 

 

サッポロ チューハイ 『フォーナイン』 は結構酔う

f:id:kotsuna:20180908223156j:image

8月28日に発売されたサッポロのチューハイ『9999(フォーナイン)』を飲んでみました。

f:id:kotsuna:20180908223507j:image
f:id:kotsuna:20180908223519j:image
f:id:kotsuna:20180908223513j:image

 

9%という高アルコール度数にも関わらず、意外と飲みやすいです。

他社の9%のアルコール度数のチューハイだと、結構アルコールを感じるケースが多いのですが、これはそれほどアルコール度数を感じさせません。

(これが、純度99.99%の高純度ウォッカの力か?)

ただ、500ml缶を1本飲みきると、意外と酔いが回ってきます(笑)

 

味の方はスッキリしており、変な甘さも無く、シンプルでいい感じです。

ホームページに特長として挙げられている

飲みごたえはありながらも飲み飽きないスムースな飲み口。

レモンのキリッと引き締まった酸味。

というのはまさにその通り。

 

今まで、チューハイと言えば「氷結シリーズ」ばかり飲んでいたのですが、これからは「99.99」も自分の好きなチューハイになりそう。

「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」新発売(2018年7月18日) | ニュースリリース | 会社情報 | サッポロビール

 

追記ー結構売れているらしく11月13日にグレープフルーツ味も出すそうです

f:id:kotsuna:20180909054743j:image

「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)クリアグレープフルーツ」新発売(2018年9月5日) | ニュースリリース | 会社情報 | サッポロビール

 

 

 

 

ラグビートップリーグ開幕❗️ コベルコスティーラーズの試合を観てきた

8月31日(金)に国内ラグビーリーグ「トップリーグ」が開幕しました。

ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

なので早速、神戸のユニバースタジアムで行われた神戸製鋼コベルコスティーラーズとNTTコミニケーションシャイニングアークとの試合を観てきました。

 

ユニバースタジアムは神戸の北 総合運動公園にあり、神戸の中心地である三宮駅からは地下鉄に乗って行きます。

自分の場合、大阪からJRに乗って行き三宮に着いたのは18時ごろ。そこから地下鉄に乗換え。この時間は地下鉄の中は結構大勢の人。通勤帰りの人だなと思っていたら、意外と大半の人が自分と一緒でラグビー観戦のために乗っていたようで、総合運動公園駅では大勢の方が降りられていました。

 

駅の改札を出て、駅中にあるファミマでビールやチューハイを購入。さぁスタジアムへと思いきや雨☔️

傘をさしてスタジアムまで行くと、大勢の人が傘をさして入場ゲートに並んでいる。

自分も神戸製鋼ブースにてチケットを受け取り(今回の試合は、ファンクラブ会員は無料!! )並んで、さぁ入場。

席は事前に観戦仲間が取っていてくれたので、メインスタンドの神戸製鋼側の最前列に。

 

そしてまずは袋から取り出して出来てたサントリーの「ほろよい キウイサワー」にて仲間と乾杯!!

f:id:kotsuna:20180902212533j:image

3%と、アルコール度数が軽い事、そしてキウイの甘すっぱさで、美味しく、スッと飲めました。

 

これを飲んでいるうちに試合が始まりました。

幸い、試合が始まる前に雨も止んでくれた😃

 

久しぶりのトップリーグ観戦。この感覚久しぶりだなぁなどと感じつつ、次の1本

f:id:kotsuna:20180902213242j:image

本当は、キリンのラガービールが欲しかったのだけど売店では売っておらず。

そのため「キリン一番搾り」で。

 

ちなみにこの試合はメンバーは以下

f:id:kotsuna:20180902214233j:image

 

そして試合内容は以下で、神戸製鋼の勝利。

もう少し楽に勝てると思っていたのに・・・。

f:id:kotsuna:20180902214330j:image
f:id:kotsuna:20180902214332j:image

 

そうそう、今季神戸製鋼に加入したダン・カーター選手。

今日はメンバーに入っていないので、きっと他の選手たちと一緒にメインスタンドに座って観戦するのだろうなぁと思いきや、そのダン・カーターの姿が見えない。そうか、スター選手は暑いスタンドではなく、クーラーの効いた特等席でのんびり観戦なんだろうなぁと思っていたら、なんとウォーターボーイやってるやん😲

f:id:kotsuna:20180902214801j:image

試合中、なんとなくウォーターボーイの顔がダン・カーターに似ているなと思っていたけど、こんなに脚が細くないやろうと思って無視していたけど、それがダン・カーターだったとは!!

試合終了後は、最後までファンサービスをしていたダン・カーター。さすがスーパースターは違うなと改めて感心しました。

 

そんなこんなで、トップリーグの第1節は無事終了。

これからがラグビーシーズン。

本当これからも楽しみ😃

 

ダン・カーター 自伝 ―オールブラックス伝説の10番―

ダン・カーター 自伝 ―オールブラックス伝説の10番―

  • 作者: ダン・カーター,ダンカン・グレイブ,野澤武史,児島修
  • 出版社/メーカー: 東洋館出版社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

サントリー 『ザ・プレミアムモルツ 秋<香る>エール』を飲む

f:id:kotsuna:20180830000821j:image

秋のビールは飲み尽くしたと思っていたのですが、8月28日(火)にサントリーより、『ザ・プレミアムモルツ <香る>エール』の秋限定醸造ザ・プレミアムモルツ  <香る>エール』が発売されたので、早速飲んでみました。

f:id:kotsuna:20180830000855j:image
f:id:kotsuna:20180830000843j:image
f:id:kotsuna:20180830000849j:image

数種類の濃色麦芽を使っているようで、色はたしかに少々濃厚な色合い。

でも濃色麦芽がどんな銘柄の麦芽のことを指しているのかちょっと気になります

(ホームページには麦芽の種類の記載までは無し)

 

味は、「<香る>エール」に比べると、たしかにフルーティーな味わいで美味しいです。元々が上面発酵酵母なので女性には飲みやすいビールなのですが、それが更に飲みやすくなっています。

f:id:kotsuna:20180830001345j:image

今夜のおかずは鰹のタタキだったのですが、さすがにちょっとこのビールには合いませんでしたが😅

 

500ml缶を晩酌として飲んだあと、350ml缶を飲みながらこのブログを書いていますが、飲み書きしながら、「これは 晩酌用よりそのまま飲む方がいいかな」と改めて思いました。

 

「ザ・プレミアム・モルツ〈〈秋〉香るエール〉」数量限定新発売 2016年5月30日 ニュースリリース サントリー

 

 

 



 

それは貴方の力ではなく、貴方が属する会社の力でしょう

 営業をしていると色々な人に出会うのですが、自分が一番嫌だなぁと思な人が、自分の力とその人の所属する会社の力とを勘違いしている人です。

 

会社と会社との取引なので、お互いに納得いかないことや、お互いの認識のズレ、勘違いなど当然あるでしょう。

その時に怒りをあらわに、こんな事を言う人がいます。

 

「出禁(会社に入ることを禁じます)や」と。

 

それが、その会社の社長が言われた場合は、たしかにその会社には今後取引のために入る事が出来なくなるでしょうが、一介の係長クラスが、そんな事を言うとその人の性格を疑います。

 

あなた何様?  

(取引先なので、当然目の前ではそんな事を言えませんが(笑))

 

自分が主となっている組織の中には来ないでくれ。

と言うのであればまだ判ります(本来なら、よっぽどおかしい事がない限りは、それも変なのですが・・・)

 

それを超えて、自分の会社に来るなと言うのは、ちょっと自分の力と会社の力を混同していないかと、逆にその人の性格を疑ってしまいます。

 

営業マンは売ってなんぼなので、当然、顧客に対して媚びることもあります。

でも、それが本当に貴方の実力に対してなのか?  それとも貴方の属する会社に対してなのか?

 

会社というお面を被って偉そうにして、自分の力だと勘違いしている人は、きっとどこかで人間的にもおかしくなり、あまり周りから良いようには思われなくなるだろうと思います。

 

自分自身もそうなっていないか常に気をつけようと思った出来事でした。

 

 

 

 

 

東京 クラフトビール 直営店 ツアー(2018年8月4日)

8月の頭に家族旅行で東京に行っていました。

その時「せっかく東京に来たのなら、東京でしか飲めないビールが飲みたい!」 と思い、家族を放ってひとりビールを飲みに店を回っていたので、その時の内容を紹介させて頂きます。

 

まず最初に訪れたのが、アサヒビール直営のクラフトビールのお店。

『TOKYO隅田川ブルーイング』

f:id:kotsuna:20180826084628j:image

ここで頂いたのが、「クラフトビール飲み比べセット」1600円

f:id:kotsuna:20180826084711j:image

まずは定番の『ケルシュスタイル』

f:id:kotsuna:20180826084745j:image

こちらは地元の飲み屋でも生樽を飲んでいたので、飲み慣れた味であり、いつ飲んでも美味い!

 

次に飲んでみたのが『吾妻橋ペールエール』

f:id:kotsuna:20180826084823j:image

こちらは初めて飲んでみたけど、いい感じ。でも「ケルシュスタイル」のような万人に受けるようなタイプではなく、個人によっては評価が分かれそう。

 

味を変えるつもりで3番目に飲んだのが『ビタースタイル』

f:id:kotsuna:20180826084819j:image

ビターホップを使っており、かつ焙煎しているので、コーヒーが苦手な自分にはちょっと不向きな味でした。

 

そして最後が『香るヴァイツェン

f:id:kotsuna:20180826084815j:image

よく飲むホワイトビールの味(笑)

 

この飲み比べセットを飲みつつ、1品食べた後は次の店に移動。

 

そして向かったのが日本では唯一ここだけ。六本木にある

『BrewDog Roppomgi』

言わずと知れたスコットランド発の「ブリュードック」の直営店

f:id:kotsuna:20180826085450j:image
f:id:kotsuna:20180826085428j:image

さすがスコットランドのお店。英語やん。と思ったら、店員さんもスコットランド人!!

やばい英語できん・・・と思っていたら、流暢な日本語で対応してくれました😃

(女性の店員さん、ピアスが顔のあちこちにあり、ちょっとビビった)

 

f:id:kotsuna:20180826085454j:image
f:id:kotsuna:20180826085441j:image

ここが1軒目だったら、間違いなく「クラフトビール 4種飲み比べセット」を選んでいただろうけど、さっき飲み比べセットを頼んだばかりなので、ここでは単品チョイス。


f:id:kotsuna:20180826085547j:image

選んだのが「ジャックハマー」

自分の好きなIPAで、かつアルコール度数7.8%というのが選択理由。

IPAの苦味が、ビールを飲んだ後に合う。


f:id:kotsuna:20180826085445j:image

ちなみにメニューを見ていたら、ビールだけでなくウイスキーもありました。

そのウイスキーが全く知らないウイスキーばかり。やすがスコッチウイスキーの本場スコットランドのお店。スコットランドに行ってみたくなりました。


f:id:kotsuna:20180826085436j:image
f:id:kotsuna:20180826085458j:image

2杯目は黒ビール(BLACK Lager)のツァイトガイスト

グラスには黒で文字が書かれており、飲んで行けばその文字が見えてくるという仕組み。

これは面白い。

 

お店の中は入ると目の前にカウンターがあり、奥にはテーブル席があります。

f:id:kotsuna:20180826085432j:image

 

2杯飲んで、かなり酔いが回ってきたので、酔い冷ましもかねて六本木からブラブラ歩いて青山へ。

途中青山墓地を通ったのだけど、大きな生きている豚が!!

近くのベンチに外人カップルが平然と座っていたので、このブタはこの外人カップルのペット??   東京やっぱりスゲ〜。。。

 

そしてたどり着いた3軒目はよなよなエールと直営店

『YONA YONA BEERWORKS』

f:id:kotsuna:20180826091228j:image
f:id:kotsuna:20180826091215j:image

お店は地下に降りたところにあり、その階段にはこんな絵が。


f:id:kotsuna:20180826091238j:image

スタンダードビールのメニュー

 

f:id:kotsuna:20180826091145j:image

お店に入ってすぐカウンターがあり、そのカウンターの端に座る。店はすでに大勢の人で、ビール人気が高まっているのかぁと感じさせてくれました。


f:id:kotsuna:20180826091200j:image
3種飲みくらべ 1,280円を選ぶと、これが出てきました。

この上に、選んだ3種類のビールを置いてくれるので、グラスが同じでも、どのビールを頼んだか判ります。

ちなみに頼んだは、飲んだことの無い「SUNSUN」と「軽井沢高原ビールワイルドフォレスト」。そして大好きな「インドの青鬼」

f:id:kotsuna:20180826091205j:image
アテとして野菜ピクルスを一緒に頼む

特にゴーヤのピクルスが苦味と酸っぱさマッチして美味しかった。


とまぁ、クラフトビールの直営店を3軒まわり。大変満足した夕方でした。

BrewDog Roppongi

BrewDog Roppongi