サッポロ 『麦とホップ 赤』を飲む

f:id:kotsuna:20181022213248j:image

毎年恒例となっているサッポロビール麦とホップ 赤』

今年は10月2日から発売だったようですが全く気付かず、やっと飲みました。

f:id:kotsuna:20181022213337j:image


f:id:kotsuna:20181022213331j:image
f:id:kotsuna:20181022213323j:image
f:id:kotsuna:20181022213326j:image
f:id:kotsuna:20181022213333j:image

昔『麦とホップ』が出たときはとても好きでよく飲んでいたけど、それから月日が経ちいろいろな第3のビールが出てきて『麦とホップ』を飲むこともなくなってきました。今回久しぶりに飲んでやはりいいなと思いましたね。

刺激が強いわけでもないし、どっしり感が強いわけでもない。ちょうどバランスの良い美味しさ。

 

マイナス点を言えば、カラメル麦芽を使っているので、ビールに近い甘みを感じることかな。

むぁこれは個人的な感想ですが^_^

 

エイジゲート | サッポロビール

サッポロ 麦とホップ<赤> 350ml×24本

サッポロ 麦とホップ<赤> 350ml×24本

 

 

 

月曜日の夜も立ち飲み屋で2杯

休みが開けた月曜日。

今週がスタート。まだまだ土日まて長いなぁ。なんて思っていると、景気づけに飲みたくなってきた。

お金は2千円しかない😢

 

でも大丈夫!

京橋の立ち飲み屋なら2千円でもしっかり飲めます😁

で、行ったのが行きつけの立ち飲み屋「山ちゃん」

 

最近太り気味なので糖質のあるビールはやめて、いきなり芋焼酎ロックで。

そしてあては、なぜかむしょうに食べたくなった「マグロの中落ち」

f:id:kotsuna:20181015213922j:image

ちなみに値段は350円!

 

これだけで十分なんだけど、最近太りつつある自分にとってはチョット物足りない。

 

次に頼んだのが「アンコウの胃袋の酢物」

f:id:kotsuna:20181015214139j:image

もちろん芋ロックお代わりね。

f:id:kotsuna:20181015214213j:image

アンコウの胃袋。

言うまでもなく趣がある味がある訳でもない。

単に歯ごたえを楽しむ感じ。

でもこの噛むという行為が気分的にお腹を満たしてくれる。

そして、そこに焼酎を流し込んで満足感をアップさせる。

 

そうやって飲み食いして30分。

まだ月曜日だし早めに帰ろうと、これでお会計。

 

お代は1,200円なり。

 

この安さだから京橋での飲みがやめられない(笑)

 

 

 

徳田酒店プロムナード店がだんだん好きになってきた

水曜日の話。

会社の同僚に連れられて飲みに。

行った場所は徳田酒店プロムナード店。

徳田酒店 プロムナード店 - 京橋/居酒屋 [食べログ]

f:id:kotsuna:20181014194817j:image

近くに本店もありますが、こちらはいつもいっぱいの人で、お待ちが出来ているほど。

それに比べてプロムナード店はまだ若干まし。

 

とは言っても、その水曜日の夜にもかかわらず結構な人で、3人で行った自分たちは6人掛けのテーブルに座り、そのあと同じようにやってきた男性サラリーマン3人と相席となる。

 

ちなみにこの店に来たのは3回目くらい。

正直3回とも、もう一度来たいと思った事がないのですが、久しぶりにきた今夜は違っていました。

 

まずは飲み物を選びますが、瓶ビールは

・サッポロラガー

キリンクラシックラガー

アサヒスーパードライ

サントリー・ザ・モルツ

と各ビール会社の物をしっかりと置いてくれている。

しかも、「サッポロ黒ラベル」や、「キリン一番搾り」と言ったポピュラーな銘柄ではなく、サッポロラガー、キリンクラシックラガーとおじさんに嬉しい銘柄を用意。これはとても嬉しい。

 

f:id:kotsuna:20181014195307j:image

この日はキリンクラシックラガーを頼みます。

久しぶりのラガービール。うまい。

f:id:kotsuna:20181014195302j:image

そしてあてで頼んだのが、「おばんざい盛り  1,300円」

サラリーマンにはちょっと嬉しい4種類のお惣菜とおでんのセット盛り。

酒が進みます。


f:id:kotsuna:20181014195305j:image

そして瓶ビールからサッポロ黒ラベル生ビールに変更。

こちらは500mlジョッキで390円と、お値段的には安い!!

あてはホルモン焼き。これはかみごたえがあり、噛めば噛むほど味が出てきて、ビールにぴったり😙


f:id:kotsuna:20181014195258j:image

頼んだあてもそろそろ無くなり、締めの角ハイボール

同僚は普通の角ハイボール。そして自分はメガ角ハイボール

大きさは全然違うけどお値段は普通の角ハイボール350円。メガ角ハイボール580円。

 

しっかりとビールも飲めて、料理も美味しくて満足行く水曜日の夜でした。

サラリーマンにぴったりのお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡蠣が食べたい!

なぜか無性に牡蠣が食べたくなり、あるかどうかわからないけど、「ある」と信じて行きつけの京橋の立ち飲み屋へ。

 

こう書くと、たぶんあったんだよな。と思うでしょうが、

 

まさにその通り(^^)

f:id:kotsuna:20181010222101j:image

ショーケースをチェックすると殻が(//∇//)

さっそくオーダーすると来ました!

f:id:kotsuna:20181010222422j:image
f:id:kotsuna:20181010222419j:image

牡蠣、カキ、かき、KAKI‼️

 

飲み物は、どうも最近足の指がウズウズするので、ビールはやめて芋焼酎のロックで。

 

口の中に放り込みほおばると、濃厚な牡蠣の味がやってきて、すっと喉の奥に消えていく。

もっと味わいたかったのに!  と思っていると、なんか食道が震えているような感じ。

おお、食道よ、お前も牡蠣を味わってあるのか。

なんて勝手に思いつつも、濃厚な牡蠣を味わい大満足!

 

今夜は牡蠣尽くしやと、次は牡蠣バター

f:id:kotsuna:20181010222910j:image

先ほどの牡蠣に比べると小粒で味も弱いけど、牡蠣嫌いな人にはよく感じる苦味が。

それが疲れ切った自分の体には刺激となっていい感じ。

もちろん芋ロックお代わりね😁

 

今夜は20分くらいしかおられへんかったけど、芋焼酎ロック2杯と、牡蠣と牡蠣バターで千四百円也。

さぁ! 明日も仕事頑張ろう‼️

 

 

 

 

 

『すぐメモする人がうまくいく』堀宏史 を読む

「メモ」や「手帳」「ノート」と言った言葉に弱く、書店でこの手のタイトルを見つけると、ついつい読みたくなります。

今回も、たまたま書店が見つけたのがこの本でした。

すぐメモする人がうまくいく

 

この本をポイントを書くと以下のようなことになります。

 

とにかく少し立ち止まってでも、しっかりメモする習慣をつけようと言うこと。


なおメモを取る時は、その事象やことばだけを書くのではなく、それについてじぶんが思ったことを書くことが重要。

 

書く物は、手書きでも、スマホでも構わない。スマホならPCと連携できるアプリを使った方が良い。その方が後で整理したり、見返したりすることができるから。

 

スマホは出来事や、抽象的な事を記録していくのに向いている。


手書きは自分の思った事や、感じた事、考えたことなどをメモするのに向いている。

 

とにかく思ったら、気になったら、すぐさまメモを!

 

メモの効用は重々理解出来ているものの、なかなか実行に出来ていない自分。

この本を読んで、改めてきちんとメモしようという気持ちになりました(もちろん実行あるのみですが😅)

 

すぐメモする人がうまくいく

すぐメモする人がうまくいく

 

 

 

ファミリーマート限定 サッポロ 『至福の深み』

f:id:kotsuna:20181004234616j:image

今夜も新しいビールとの出逢いに感謝です!

 

10月2日に発売となった、ファミリーマート限定のサッポロ  ビアサプライシリーズの第4弾『至福の深み』を飲んでみました。

f:id:kotsuna:20181004234647j:image

f:id:kotsuna:20181004234710j:image
f:id:kotsuna:20181004234703j:image

最初口に含んだ時に、普通のビールだと刺激がガツーンと来るのですが、このビールは刺激ではなく苦味がやってきます。

IPA好きな自分としては結構好みのビールです😊

その後も苦味はじわ〜と口の中をまわり、喉を通る時は思ったより引っかかりはなくす〜と消えていき、口の中にだけ苦味が残る感じです。

 

今夜は秋刀魚の塩焼きだったので、それと一緒に飲んでみたのですが、ちょっと合いません。

このビールは晩酌用というよりは、これだけで飲む方がいいでしょうね。

 

晩酌後のビールかな😋

 

エイジゲート | サッポロビール

 

 

 

サッポロ 『蔵出し生ビール』を飲む

f:id:kotsuna:20181003235039j:image

昨晩はラグビー仲間と大いに飲み食べてしたので、今夜はおとなしく・・・と思っていたのですが、コンビニでこのビールを見つけてしまい、ついつい家飲みしてしまいました。

そのビールがサッポロ『蔵出し生ビール』

f:id:kotsuna:20181003235231j:image
f:id:kotsuna:20181003235256j:image
f:id:kotsuna:20181003235241j:image
f:id:kotsuna:20181003235022j:image

このビールの特長は

1994年発売当時のレシピを再現し、「蔵から出したてのうまさ」をイメージしてつくった麦芽100%ビールです。高温・短時間で仕込む事で爽快な後味を実現。さらに、氷点下で丁寧に長期熟成させることで、ビール本来の深い味わいを引き出しました。

とのこと。

実際飲んでみると、最初はしっかりとビールらしい刺激と麦の味がきて、喉を通ったあとは甘いベタついた味わいもなく、スッキリとした爽快な後味です。

ちなみにこのビールはコンビニ限定発売です。

 

「サッポロ 蔵出し生ビール」限定発売(2018年8月1日) | ニュースリリース | 会社情報 | サッポロビール