『日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方』 田村賢司

日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方

 

日本電産の創業者であり、現在の会長でも永守重信のつぶやいてきた言葉や、そこに現れ出た現場の動き、具体的な永守経営を描いた作品になっています。

 

個人的には過去、永守さんの経営学にはまり、永守さんに関する本は必ずと言っていいほど読んできました。そのためこの本からは、今まで「とにかく働け、他人より働け」というハードワーキング主義だったのが、今のご時世に合わせてか「2020年に残業ゼロ」という方針を打ち出した日本電産が、実際現場でどのような事をして、その結果どういう効果、もしくはマイナス面を生み出しているのか という事を知りたかったのですが、そこはまだ対応、検証が続いているようで、この本では書かれていませんでした。

もしこの「2020年に残業ゼロ」を実現し、それでも会社として売り上げを伸ばしているのであれば、これはとてつもなく素晴らしい事であり、他の企業も学ぶべきでしょうね。

 

この本は、過去に永守さん、日本電産について書かれたこととダブって書かれている事が多いですが、それらを最近の情報を入れつつ、うまくまとめてくれており、永守経営、思想を今から学ぶ人には解りやすい一冊だと思います。

 

自分も復習という意味で、学び直す点が多々ありました。

f:id:kotsuna:20180722064423j:image

 

レバレッジ メモー

 

人間の能力の差はせいぜい5倍まで、他店の5倍以上おいしいラーメンを作ることも、5分の1以下での時間で提供することもできない。しかし、従業員の意識次第で、店(会社)は全く変わる。

 

永守に言わせると、潰れる会社とそうでない会社の差はわずかなものだ。それは利益を上げよう、付加価値を生もうという意識の差だという。

 

日本電産の「社員心得7ヶ条」

1.絶えず、“これで良いのか”を合言葉に事にあたりましょう。

2.自分のことを考えると同時に相手のこともよく考えましょう。

3.責任ある発言を行いましょう。

4.実行を持って範を示しましょう。

5.苦しみ楽しみを分かち合える社員、同志でありましょう。

6.良いことも悪いことも進んで報告、申告できる社員でありましょう。

7.原価意識、損益意識をもてる社員でありましょう。

 

「人が嫌なことを後回しにしていきたくなる。しかし、そういう小さな差が後々、大きな差となって表れてくる」

 

去って欲しい社員のタイプ

①知恵の出ない社員

②言われなければできない社員

③すぐ他人の力に頼る社員

④すぐ責任転嫁をする社員

⑤やる気旺盛でない社員

⑥すぐ不平不満を言う社員

⑦よく休み、よく遅れる社員

 

「部下の人望を得る5つの条件は『あきらめない』『悪口を言わない』『ごまかさない』『正論で追い込まない』『休まない』だ」

 

「人を動かそうとするときに大事なのは、『心』と『情』である。これを解していなければ、部下は思うように働いてくれない」

 

登用される社員の7条件

「健康管理ができる」

「仕事に対する情熱・熱意・執念を持ち続ける」

「いかなるときもコスト意識を持つ」

「仕事に対する強い責任感を持つ」

「言われる前にできる(仕事に踏み出せる)」

「きついツメができる」

「すぐ行動に移せる」

 

日本はとかく「暑いですね、やってられませんな」「どうも、調子がよくなくて…」などと消極的な挨拶をするが、「ファイン」、いや「エクセレント」と答えられるような、積極的、前向きな心持ちでなければ、何事も成し遂げられないと、アメリカの医師から教えられた

 

売上高を伸ばして利益を上げるのではない。利益をあげるから売り上げも増やせると考える

 

「経営の原点12ヶ条」(稲盛和夫

1 事業目的・意義を明確にする

2 具体的な目標を立てる

3 強烈な願望を心に抱く

4 誰にも負けない努力をする

5 売り上げを最大限に、経費は最小限に

6  値決めは経営

7 経営は強い意志で決まる

8 燃える闘魂

9 勇気をもって事に当たる

10 常に創造的な仕事をする

11 思いやりの心で誠実に

12 常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する

 

 

日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方

日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方

 

 

 

 

『軌道』 松本創

軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い

2005年4月25日に死者107人、負傷者562人を出した福知山線脱線事故

その事故で妻と妹失った浅野弥三一氏を通して、事故当時、どういうことが起こって事故が発生したのか。そしてその後のJR西日本とのやり取りを綴ったのがこの作品になります。

 

新聞の本の紹介ページでこの本の存在を知り、事故当時も今も、通勤路としてこのJR宝塚線を使っている者としては、しっかりと事故のことを知っておきたかったといこともあり、この本を読んでみました。

 

読んでみて驚いたのが、遺族がどんな想いをしてJR西日本と、(極端に言い方をすれば)戦ってきたのかということ。

今回の事故の原因は、一番は運転手がスピードを出しすぎたことなのですが、運転手にスピードを出させるようにさせた動機、背景にはJR西日本という大きな組織の体制や考え方自身に問題があったということが綴られています。

 

JR西日本天皇とも呼ばれる人物の存在。そして事故当時のJR西日本の幹部達、事故後に社長となった人物。

そして遺族の代表でもある浅野氏。

 

各々、考え方や感じ方がありますが、一番は事故を起こしたことの原因の追求。そしてその対策がどうあるべきかという事を知る一冊になりました。

 

「誠心誠意の謝罪」「100%当社に責任がある」と口では言いながら、その実、被害者に与えた損失や苦しみや窮状を1つも理解しようとせず、自社の論理や組織防衛ばかりを優先する。幹部たちの稚な対応に、浅野がこの後何度も憤り、あきれることになる。

 

JR西日本の相談役)井出個人を断罪して事足れりとするのも、また違うのではないか。トップや幹部が悪いせいでこうなったと問題を単純化するのは、会社側が運転士個人のミスを帰そうとする姿勢の裏返しに過ぎない。組織の中の個々人が自分の責任を棚上げし、誰かに押し付けて断罪する、その「切断処理」こそが、組織全体を無責任体質にしたのではなかったか。

 

組織的、構造的問題まで踏み込む「原因究明」よりも、個人の責任を追及して罰する「犯人探し」が優先されてきた歴史が日本にはある

 

人はミスをする。ヒューマンエラーは、単に事故の「原因」ではなく、それ自体が様々な要因で引き起こされた「結果」である。それを前提に、ミスした場合に被害を食い止めるハード整備と併せて、ミスを誘発する要因を事前に見つけ、最小限に抑える予防の仕組みが必要になる。これがリスクアセスメントの考え方であり、具体的には、報告文化を根付かせること、言い換えれば、ミスの隠蔽や虚偽報告が行われる企業風土を変えることが対策となる。

 

 

 

キリン 氷結ストロング パインを飲む

f:id:kotsuna:20180717200448j:image

期間限定発売の『キリン氷結ストロング パイン』を飲んでみました😋


f:id:kotsuna:20180717200440j:image
f:id:kotsuna:20180717200456j:image

口に入れるとパインを味がやってきて、その後アルコール感が漂う。

やはりアルコール度数9%なので来ますね(^。^)

だからガンガンは飲めない。これでアルコールが低かったらドンドン飲めたのになぁ。

 

ちなみにこれは糖質、プリン体がゼロと一応身体に優しい成分になっています。

「キリン 氷結®ストロング パイン(期間限定)」発売|2018年|ニュースリリース|キリン

 

 

 

ラグビー オールブラックスの映像にはまっている

f:id:kotsuna:20180712115916j:image

今年の秋にラグビー  ニュージーランド代表のオールブラックスが日本に来ます。

1試合目は10月27日(土)のキヤノン ブレディスローカップで、オーストラリア代表のワラビーズとの試合。

そして2試合目が11月3日(土)に行われる日本代表との試合。

 

最初が横浜の日産スタジアム。2試合目が東京の味の素スタジアムといずれも関東圏なので、関西の人間としては辛い。とにかく日本代表との試合だけでも観に行こうと思っています。

 

で、気になったのがこの映像

ALL  BLACKS  IS  COMING

 

観ていて格好いいなぁと思いますね。

で、これを観て、色々オールブラックスに関する映像を観たのですが、良かったのがこちらです。

 

まずは、オールブラックスと言えば試合開始前の「ハカ」

これでオススメなのがこれ

 

やはり前回(2015年)に優勝したオールブラックスの勇姿を観たいとうことで。

 

最後が、Amazonビデオになるのですが、最近のオールブラックスの状況を密着取材したドキュメンタリー映像です。

現在ラグビーランキング No1のニュージーランドですが、常に危機感を持って挑んでいることがよく分かります。ぜひ観ていただきたい動画です。

 

 

 

 

 

 

ファミリーマート限定 『クリアモルト』を飲んでみた

f:id:kotsuna:20180711124609j:image
f:id:kotsuna:20180711124520j:image

 

先日、ファミリーマート限定の『クリアモルト 糖質70%オフ』を飲んだのですが、ちょっと味が薄く、上っぺらな味わいだったので、これが糖質オフのせいなのか、それとも商品そのものの味がこんものなのかを確認するため、普通の『クリアモルトを飲んでみました。

 

結論しては

「クリアモルトシリーズは味がうすっぺらい感じ」でした。

 

たしかに書かれている通り、「クリア」というより「すっきりした」味わいですが、その後の「旨み」が弱いかな。

あと「飲みごたえ」も、最初口に含んだ時の刺激はいい感じだけど、そのあと喉を通る時の「のどごし」が無いのがちょっと寂しいですね。

 

コンビニエンスストアプライベートブランドの格安のビールを出していますが、残念ながらファミリーマートのこれは他社のプライベートブランドに比べると、ちょっと劣る。というのが自分の感想でした(あと値段もちょっと高いし・・・)

 

ファミリーマート・サークルK・サンクス限定発売 「CLEAR MALT クリアモルト」「CLEAR MALT クリアモルト 糖質70%オフ*」 ~クリアな旨みと飲みごたえ、バランスの良い美味しさが特長の新ジャンル~|ニュースリリース|ファミリーマート

ファミリーマート限定 『クリアモルト 糖質70%オフ』

f:id:kotsuna:20180708225808j:image

ファミリーマート限定の第3のビール 『クリアモルト 糖質70%オフ』を飲んでみました。

ちなみに価格は、500mlが175円。350mlが123円なので、他のコンビニプライベートビールなどに比べると若干高めです。


f:id:kotsuna:20180708225811j:image
f:id:kotsuna:20180708225755j:image
f:id:kotsuna:20180708225817j:image

 

ラベルをみると「国内醸造」という言葉が目にとまりますが、どこで作っているかと言うとキリンビールでした。

(だから他のプライベートブランドに比べて高いのでしょうね)

 

で、気になるお味の方ですが、ちょっと味わいが物足りない感じでした。

糖質カットしているので、仕方がないかなと思う部分はあるのですが、他社のビールに比べてもちょっと劣るように感じます。

これと一緒に糖質をカットしていないタイプも販売されており、それも一緒に買っているので、それを飲んで総合評価してみたく思います。

 

 

奥野宣之 『情報は1冊のノートにまとめなさい [完全版]』

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

先日の『レバレッジ・リーディング』に引き続き、こちらもAmazon電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」に出ていた本で刊行は2013年。ただしこちらは「完全版」と言うことで、2008年に刊行された本を全面改稿、増補したリニューアル版です。

 

 2008年に発売された当時、この本が火付け役となりノートブームに。その後もどんどんノート術に関する本が出てきて、自分も色々なノート、手帳術にかんする本を読んでは参考にしていました。

 

さて、こちらの本の自分なりの2つのポイントです

  1. 1冊のノートに順番に思ったことや、出来事(ライフログ)などを書いていく
  2. ねぎま式メモ

 

順番に説明していくと、1番はこのノートのタイトル通りの事です。

色々なノートにバラバラに書くのではなく、何もかも1冊のノートに書いていくということ。

自分の感性を信じて、「おもしろい」「かっこいい」「きれい」「かわいい」「ほしい」「やってみたい」「便利だ」「行きたい」というものを、どんどん書き、貼るようにしましょう。

 

「常に一冊のノートを手元に置き、あらゆる情報を分類せず、前から順に入れる。ごちゃまぜのノートになっても『手がかり』さえ押さえておけば、あとで取り出せる」

 

 

2番目は著者の奥野さんが作った言葉で、以下のような方法でメモしていきます

自分以外の人の発言、観察して気づいたことなど「外から入ってきた情報」を「〇」 を付けて箇条書きで書く それに対する感想、自分の声などを「 ☆」 を付けて書く 、を繰り返す

つまりノートに書いたことに対して、自分の思いを追記して行き、発想を広げていくというやり方です。たんにノートにメモするだけでなく、だからどうなの? だからどうしたいの? と言うことをどんどん書いて自分の思いを深めていくことです。

そうすることで、真の目的や、自分の本当の思いが見つけられるかもしれません。

 

以下はその他気になったレバレッジメモ

知的生産の核になるのは、自分が感銘を受けたこと、問題意識を持ったことといった「主観」だけです。他人から一方的に聞かされたことは、ただの知識にしかなりません。 「自分の声」を書き残しておくことは、自分を取材することでもあります。 いわば「自分の考えはおもしろい」「自分の発想は価値がある」と認めること。 これこそが知的生産に必要な態度なのです。

 

考えるから書くのではなく、書くから考える。 そして、考えを一歩一歩進めていった先に、アイデアがあるのです。

 

「 収集」の過程では、「これは素材になるから」と意識的に取っておきたいと思う情報だけでなく、「なんとなくいい」「なぜか気になる」 というものも取っておくことが大切です。無意識が「これは使える!」と言っている可能性が高いからです。

 

索引データに項目を立てるのは、あとで検索する可能性の高いものだけにしておきます。たとえば、次のようなものです。

・しっかり書いた読書ノート

・読み返したい書評

・年初などの節目にじっくり考えたこと

・長めのアイデアや構想メモ

・旅行や行楽の記録

・講演やシンポジウムを聞いたときの記録

 

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

 
読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]