読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

習慣を変えれば人生が変わる

 

人生を変える習慣のつくり方

人生を変える習慣のつくり方

 

 

 はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。

  ジョン・ドライデン(イギリスの劇作家、評論家)

 

人は約40%の行動を毎日繰り返すので、私たちの存在も、私たちの未来も、習慣によって形作られると言える。だからその習慣を変えることが人生を変えることにつながると著者は言います。

では、どうやって習慣を変えることができるのか? それがこの本のテーマとなっています。

 

まず、人は以下の4つのタイプに分かれるそうです。

・アップホルダー(約束を守る人)

・クエスチュナー(疑問を持つ人)

・オブライジャー(義務を果たす人)

・レブル(抵抗する人)

 

f:id:kotsuna:20170319144947j:image

 

そしてそれぞれのタイプにより習慣の変え方も異なるそうです。

だから、誰々はこうやって習慣を作り上げたからと言って、自分も同じよう出来るとは限りません。まずは自分のタイプをしっかりと把握し、同じタイプの人が作り上げた方法から学ぶのが一番良いでしょう。

 

この本ではこの後、色々な習慣の変え方をわかりやすい例をあげながら紹介してくれていますが、その大きな柱として以下の4つの行動が挙げられています。

①測定する

②土台を固める

③予定にいれる

④責任をつくる

 

レブルには「③予定にいれる」は向いていないようですが、基本は以上の4つとなります。

 

では、逆に良い習慣を破壊する原因としては何があるのか? この本ではそれも取り上げられております。

以下の10個は注意する点として誰もが覚えておくことで、今後も良い習慣を継続させることが出来るでしょう。

 

①「良いこと」をした見返りに「悪いこと」を自分に許す

     例)今日はこれだけ仕事をしたのだから、おいしいワインを一杯飲もう

②先延ばし

     例)明日からダイエットするから、今日は何を食べても平気

③行動を2つ並べて、どちらか1つを選ばないといけないような気持ちにする

     例)今は色々と立て込んでいるから、落ち着いてから予約を取ろう

④「どうしようもない」と思い込む

     例)今の状況では、とても良い習慣を続けられそうにない

⑤誘惑から逃げようとせず自ら屈服する

     例)仕事の前に15分ゲームをしよう。・・・よし、あと15分だけ延長しよう

⑥カウントしない

     例)酒は一切やめた。週末に友達とでかける時は別だけど

⑦根拠のない決めつけ

     例)いつか必要になるから取っておこう

⑧他人のため

     例)この習慣を変えれば、きっとイライラして家族から文句を言われる

⑨開き直り

     例)特別な機会なのだから、お祝いすべきだ

⑩1枚のコイン

     例)たった1杯のビールがなんだっていうんだ? 

 

 

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』中島聡

 元マイクロソフトに在籍し、Windows95の開発にも加わったプログラマー 中島聡さんの時間術に関する本です。


読み始める前は、プログラマーの方が書かれた本なので、営業職である自分とは仕事に対するやり方がかなり異なるので、学ぶ点は少ないのでは・・・という思いがありました。
しかし読んでみると、確かに仕事の内容は全く異なるものの、時間の使い方や、時間を有効に使うことで人生を楽しむ。という考え方は一緒だなと感じ、学ぶ点が多々ありました。

 

例えば、最初の方に書かれている一文。

「見積もりの甘さが仕事の失敗を招く、困難なことを先送りすると後で足元をすくわれる」

確かにこれなどは、プログラマーなどは非常に大切な部分で、事前の時間への見積りを誤ると、後々大変なことになり、周りに大きな迷惑をかけることになります。それは営業マンも同じ。プログラマーほどひどいことにはならないと思いますのが、それでも時間の見積りの甘さにより、お客様に迷惑をかけ次の仕事が来なくなるということもありえます。

 

そして仕事がなかなか終わらない理由として3つ挙げられていますが、これも営業マンも同じです

①安請け合いしてしまう
②ギリギリまでやらない
③計画の見積もりをしない

自分もその3つをやってしまったことがあり、かなり苦労したこともありました。

 

なので、この本は単にプログラマーが読むだけでなく、社会人そして学生もが読んで学ぶ価値がある本だと思います。

 

特に、学生時代に自分もこういう考え方を持っていればと、強く印象に残った部分があります。

「予習は自分がわからないところを明確にするための準備にすぎません。本当の勉強は授業中にするのです。授業で自分がわからなかったところを解決すれば、それが勉強になります。  その意味で、板書をノートにとることに授業の大半を費やしている人ばかりだと思いますが、これほど膨大な無駄に私はいまだかつて出会ったことがないと言えるほど、無駄中の無駄です。」

早稲田大学に入ることが目標なら、もういっそ付属高校から入ってしまえというシンプルな考えでした。付属高校に入れば、普段の成績さえ良ければ、受験なしのエスカレーター式で早稲田大学に入ることができます。わざわざ高校受験を通過したのに、またそこから3年間大学受験のための勉強をしなければいけないというのが、なんとも時間の無駄のように感じたのです。」

 

学生時代はとても時間がありますから、時間に対して勿体無いという意識もなく、ずるずると過ごしてきました。もし中島んさんのように学生の頃から時間に対する感覚を持っていればと思うと残念でなりません。是非ここは自分の子供たちへも伝えたいですね。

 

最後に、とても印象に残った文章がありました

「花を用意するという任務を与えられた以上、あなたは花屋がいかなる理由で花を届けることができなくても、責任を持って花を準備しなくてはなりません。あなたの任務は花屋に花を注文することではなく、花を用意することなのです。」

これって意外と抜けている時があります。花屋さんが渋滞に巻き込まれて到着遅れるというのは、上司からすれば関係ないことであり、しっかりと花を用意しない自分の問題です。

 

「自分の中で何を守るべきなのか、何が任務なのかを再定義することが仕事でも重要です。責任感を持つことで自分のやるべき使命がはっきりします」

 

 

常に仕事をする中で、持っておきたい考え方です。

 

===================================

時間を制御した際のメリット

①リスクを測定できる
②目に見える形のもの(プロトタイプ)を素早く作ることができる
③誤差に対応できる

 


時間に余裕があるときにこそ全力疾走で仕事し、締め切りが近づいたら流す

最初の2日で仕事の8割を終わらせる

集中力を上げるために必要なことをもう一つお話しします。それは、マルチタスクを放棄することです。マルチタスクこそ、仕事が進まない理由の最たるものです。

 

ロケットスタート時間術とは

・すべての仕事をスタートダッシュでこなして、絶対に終えられる納期を導き出す

・最初の2割の期間を「見積もり期間」としてもらい、実際には、仕事量の8割を終える

・最初の2割の期間で8割の仕事ができなかったら、期限を延ばしてもらう

・「仮眠を取る」と「マルチタスクをやめる」で、仕事の効率を上げる

 

「取り掛かりを前倒しする精神を持つこと」「やる以上はロケットスタートで一気に仕事の全体を終わらせること」

 

仕事が来たら

・大きな仕事は縦に切り分ける

・複数の仕事が並行するときは、1日を横に切り分ける

・それでもダメなら納期延長を申し出る

 

仕事は「頼まれなくても自分から喜んで残業するほど楽しい仕事か」どうかで選ぶべきなのです。

 

人一人の人生にとって一番大切なのは、自分の好きなことをやるかどうか、やり続けることができるかどうかだ

 

勉強のための勉強はするな ・規則は守るな ・集中力を無理やり引き出さなければならない仕事はするな

 

人生を変えるには覚悟が必要です。  あなたが今日から実践すべきこと、それは夜寝る前に、明日やることのタスクリストを作ることです。これをやらなければいけないのは「絶対」です。

 

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

 

 

『読んだら忘れない読書術』樺沢紫苑

 最近また読書術に関する本が本屋で増えてきています。一時期読書術に関する本をかなり読み、この手の本はもう十分だと思っていたのですが、やはりこうやって本屋に読書術に関する本が出てくると、どうしても手に取りたくなってしまいます。
この本もそんな気持ちで読んでしまった一冊。

 

特にこの本を選んだ理由としては、「読んだら忘れない」というフレーズでした。

以前読んだはずなのに全く覚えておらず、ずっと読書記録を付けているクラウドサービス「メディアマーカー」に入力して、初めて以前に読んだことがあるんだと自覚することがあります。
これでは本当に無駄な読書になってしまっているので、読んだのであればある程度は覚えておきたい。そんな願望が自分の中にありましたので、この本のタイトルはまさに渡りに船でした。


覚えていない、つまり「記憶」に残っていないということは、それは「知識」としてあなたの中に定着していないということ、もっといってしまえば、その読書は何の役にも立っていない、ということと同じなのです。


そういったことは避けたい!! そのためにはどうすれば良いのか?
この本では2つのキーワードを挙げられています。

「アウトプット」
「スキマ時間」

 

では、まず最初の「アウトプット」
こちらについて筆者は以下の4つを行っているそうです。

 

①本を読みながら、メモを取る。マーカーでラインを引く
②本の内容を人に話す。本を人に勧める
③本の感想や築き、名言をFacebookTwitterでシェアする
Facebookやメルマガに書評、レビューを書く

 

以前であれば、「ブログやホームページに書評を書く」ということがポピュラーだったのですが、今はFacebookなんですね。確かに今だとSNSの方が反応やリアクションも多いので、そちらの方がやる気が出る可能性が高いです。とにかくアウトプットを心がけた読書(インプット)であれば心に残りやすいです。


そして2つ目の「スキマ時間」

こちらはへんに時間が余ったような状態で読むよりは、スキマ時間という制限時間がある方が記憶力が高まるといいます。さらに人間の集中力を考えると、長時間よりもスキマ時間くらいの方が良いからという理由だそうです。

 

この本では、上記の2点を踏まえてどうやって読んでいくのか? ということも書かれているんのですが、そこは是非この本を読んで学んでいただければと思います。


あと、私がさらに知りたかった部分がこの本に書かれていました。

それが電子書籍リーダーでの読み方です。

 

Kindlekoboなどの電子書籍が増えてきており、自分でもここ数年書店で本を買うことがなくなり、その分電子書籍での購入が増えてきています。ただ電子書籍で気になるのが、読むことは増えたけど、読むスピードが速くなったことにより、本の内容について覚えていないケースが増えていました。

 

そのため是非この悩みについて解消できればと思い、「電子書籍リーダーでの読み方」の項目について特に注意深く読んだのですが、その回答は以下でした。

 

「ハイライト」機能を使うこと。

 

「ハイライト」機能によって、手でなぞるだけでラインを引くことができます。これが、非常に便利です。カラーに対応した端末であれば複数の色を選べ、またハイライトした部分を一覧にして、「名言集」のように見返すこともできるので、復習も簡単です。
 本を読み終わった後に、ハイライト部分だけを1分ほどで読み返してみる。それだけで、「アウトプット1回」に相当します。


ハイライト機能を使うと、そこに目がいってしまいよくないと思っていたのですが、逆でしたね。ハイライト機能を使い、それを一覧で繰り返し見ることで読んだ内容を忘れないようにする。これは今後もどんどん活用していこうと思います。

 

 

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

 

 

 

『パラレルキャリア』ナカムラクニオ

 何気なく図書館の新刊コーナーで見つけ、パラパラとめくってみるとかなり読みやすそう。副タイトルに「新しい働き方を考えるヒント100」と書いてから自己啓発本だろうし、読んでみるかぁ。という軽い気持ちで借りた1冊ですが、これが自分的には当たりでした!

 

内容としては今の仕事にしがみつくのではなく、幾つか副業をやってみることで、新しい世界や人生も見えてくるのではないでしょうか。ということが書かれているのですが、それが堅苦しい言葉ではなく、柔らかい感覚で書かれているので、それがす〜と自分の中に入ってきて、読んでいて気持ちよく感じられました。

 

あと個人的にクスッと笑顔になれたが、タイトルにたまに出てくるダジャレ(?)

03 【転職】より【天職】を探す
08 マキコミュニケーションを学ぶ
15 【趣味レーション】で人生を試す
32 【ねばねば主義】より【ればれば】主義
36 【スキスキマーケティング】を実践する
40 【勝ち組】ではなく【価値組】になる
44 自分の【要る場所】を作る
53 【略語家】になって人を笑わせる
65 【妄想族】に成ろう
68 【ビックリウェーブ】を自分が起こす
78 【ツッコミビリティ】を大事にする
98 【ミニマルライフ】と【ミニナルライフ】
など。

 

そんなユーモアもある内容の1冊。軽い気持ちで読んでみてわ。

 


人生は、ライスワーク(食べるための仕事)、ライフワーク(人生をかけた仕事)、ライクワーク(趣味を活かした仕事)、この3つのワークバランスを整えることが大切なのです。

 

人生の4種類の幸せ
1.人に愛される幸せ
2.人に褒められる幸せ
3.人の役に立つ幸せ
4.人から必要とされる幸せ

 

自分をメディア化し、発信しながら小商いをする。そんな働き方はこれからますます注目されると思います。

 

「6Cの法則」
1.Customer(顧客)・・・お客さんの分析は非常に重要
2.Communication(交流)・・・双方向のコミュニケーションが重要
3.Conbenience(便利)・・・簡単に手に入るか
4.Cost(費用)・・・適正な値段で手に入るか
5.Competitor(競合)・・・他と比べて、丁度いい価格設定か
6.Channel(経路)・・・同じチャンネルを持っているか

 

「6Pの法則」
1.製品(Product)「誰に何を売るか?」
2.価格(Price)「いくらで売るか?」
3.流通(Place)「どこで売るか?」
4.販促(Promotion)「どうやって売るか?」
5.人間(People)「誰が売るか?」
6.過程(Process)「どういうプロセスで売るか?」

 

将来、生き残る仕事
1.マーケター(商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売る人)
2.イノベーター(まったく新しい仕組みを創造できる人)
3.リーダー(自分が起業家となり、みんなを統率して行動する人)
4.インベスター(投資家として市場に参加する人)
5.マーチャンダイザー(マイクロビジネスでも市場を開拓する人)

 

フリーランスの)働き方のコツ
1.幸せなときは、大事な約束や契約を慎重にする
2.悲しいときには、重要な決断をしない
3.起こっているときは、すぐ返信しない

 

いまは、「共感」より「共鳴」の時代。「競争」より「共創」の大切さを知るべきです。誰もが「何かの達人」、どんな情報も必ず誰かの役に立ちます。弱点を克服しないで最大限に活かす。これは働く上で、大きな強みになると思います。

 

知識は「足し算」から生み出す
知恵は「引き算」から生み出す

 

魔法のTo Doリスト分類
□always(いつもやること)
□hourly(毎時やること)
□daily(毎日やること)
□weekly(毎週やること)
□monthly(毎月やること)
□yearly(毎年やること)
□life(一生かけてやること)
□never(決してやらないこと)

 

大切なものは、明日の完璧な計画より今日の普通な計画。未完成なものを、働きながら完成させればいいのです。

 

パラレルキャリア──新しい働き方を考えるヒント100

パラレルキャリア──新しい働き方を考えるヒント100

 

 

 

『SONY 平井改革の1500日』

 今年、16年の春にソニーが黒字化になったという記事を読み、「平井社長になってから全く成果の出ておらず、幾多にもおよぶ予算の下方修正で、すっかり見放されてしまっているような感じのあったソニーが、どうやってうまく復活できたのであろうか?」と少なからず思っていました。

その復活劇の内幕を描いたのがこの本になります。

 

なぜソニーは復活できたのか?

 

この本を読んで私が思ったのは「指揮官が代わったから」
平井社長はそのままですが、その下につく副社長が吉田憲一郎氏になったことが一番のターニングポイントだと思います。


指導権のある人が変わることで会社が変わるという例は、日本航空を救った稲盛和夫氏などが有名ですが、この本を読んでいると吉田副社長も少なからず、その素質がある人物なのではないか? と思わずにはいられませんでした。

 

では、吉田副社長はどうやってソニーを復活させることができたのでしょうか?
具体的な内容となるとソニーは色々な部門や製品がありますので、それらを紹介していくにはかなりのボリュームが必要となります。まさにこの本が331ページに及ぶボリュームのある本になったのは、それらを細く紹介してくれているからなので、気になる方は是非この本を読んでみてもらいたいと思います。

 

ここでは、吉田副社長がどのような心構えでもってソニーの経営を引っ張っていったのかだけを紹介させていただきます。

 

「トップマネジメントの仕事はソネット時代から3つしかないと考えている。方向性を出すこと、そして責任を取ること。最後は人事。他は大体、人に任せる。考えなければならないことはたくさんある」

 


他にも私の心に残ったソニーキーマンの言葉は以下の二つです。

 

サムソンに勝ったインド法人社長の玉川勝の営業手法


「販売の基本動作とはごく簡単に言うと、正しい商品を、正しい価格で、正しい販路に流し、正しいお店の場所に、正しい状態で置く。それだけ」

 

ソニーモバイルコミュニケーションズ社長兼CEO 十時祐樹 の物作りの考え


「モノからコトへ発想を変える。何を解決し、何を経験させるか。ここから考えてデバイスを作り上げる」

 

SONYの復活と言っても昔に比べるとまだまだです。特にコンシューマ製品は完全に海外勢にやられてしまっています。つい先日も棚を整理しているとカセットウォークマン、MDウォークマンと懐かしいSONY製品が出てきました。昔はSONY製品が憧れの製品だったんだよなぁと改めて思いました。ぜひあの頃のソニーになって欲しいと思います。

 

SONY 平井改革の1500日

SONY 平井改革の1500日

 

 

 

『知性だけが武器である――「読む」から始める大人の勉強術』白取春彦

 著者の「白取春彦」さんの名前はどこかで聞いたことがありましたが、思い出せずにいました。すると読んでいるうちに「超訳 ニーチェの言葉」を書いた著者であることがわかりました。どうりで読んでいても文章が少し哲学的な感じがするかと・・・。

 

この本全体を通して感じたのは、「とにかく本を読め!」ということ。
まぁ副タイトルに「読むから始める大人の勉強術」と書いているくらいですからね。

 

その本を読むにあたってですが、まずは次の点を押さえろと言います

①その論の主旨
②論の根拠
③論の前提となっている知識・観点・価値観と、その論が生み出された歴史的背景
④その論の構造(著者が多くの知識をどのようにつなげているか)

 

そして読んで理解するためには本に対して

①傍線を引く
②余白に書き込む
③(それらに関連した)必要な資料を備える
④(解説や翻訳者のあとがきなどを読んで)全体像を把握しておく
⑤質問する(疑問が生じたら、その疑問に対する回答のある本を探す)
⑥読み直す

ということをしなさいと。

 

そうやって読んだ本に対して今度はアウトプットをしてやる必要がありますが、その場合に読んだことに対して自分で考えるということも必要です。

その考える方法としての4つが

①連想する
②書いて考える
③立って考える
④リラックスして考える

 

個人的には書くことって大事だなぁといつも思います(思うだけで、なかなか実行できていませんが)

 

ちなみに書くにあたって、ノートとメモの使い方についても触れてくれています

 

・ノートに走り書きする場合は、最初は見開きの左側の頁だけに記入する。右側にはそこからの拡大・発展・派生・注・補遺を記入


・最初のメモは、思いついた時に記したメモ紙片。その中から抽出してコルクボードに留めたメモ。そのメモから発展して A4判紙に記したメモ。そしてディスプレイ上のメモと、複数のメモを蒸留するかのように純化していく

 


他にも色々なことが書かれているのですが、上記以外に自分が関心を持った点が「古典の読み方」です。

 

古典があまりにも分厚いから読みづらいというのなら、部分的に数カ所読めばいい。それは書棚に並んだ背文字しか読まないよりも数百倍マシなことだ。ただし、部分的に読んだだけの印象で全体を予想してはならない。
部分的に読んでなんとなく興味が出てきたら、その箇所がある章全体を読む。その章が面白かったら、他の面白そうな章を読む。こういうふうに飛び地読みをしていると、やがて全体が読めるようになるものだ。

 

 最近読書に関する本を増えてきていますが、これも一種の読書術の本ですね。興味のある方は是非!!

 

知性だけが武器である――「読む」から始める大人の勉強術

知性だけが武器である――「読む」から始める大人の勉強術

 

 

 

 

『一流ビジネスマンは誰でも知っているヒットの原理』高杉康成

 

 ヒット商品を作るための一流プランの作り方を紹介。商品企画のアイデアを練っても売れないのは「プランが浅いから」だと著者は言います。

 

では「深いプラン」とは?

 

この本では今までのヒットの原理を使って売り上げを伸ばすプランの立て方を紹介してくれています。
とても読みやすく文体に、図などもふんだんに取り入れられているので、内容そのものもわかりやすく、気軽に販売のプランニングが学べる本でした。

 

 

キーエンスが高収益を上げられるのは、このようにニーズ情報集めて、新しいプランを練り上げる「仕組み」ができているのです。それが高収益の原動力です。

 

代替方法が少なく、ニーズの強度が強ければ強いほど、商品は売れやすくなるのです

 

「ヒットの原理」の方程式
トレンド(時代を捉える)X ニーズ(行動を読む) = 売れまくり

 

トレンドを発見するため注目すべきポイント
・多いモノ/コト
・変わったモノ/コト
・手間がかかっているモノ/コト

 

ニーズ情報を生かすためには
→深く掘り下げる
 (なぜ? 誰が? 何の価値を?)
→横に連鎖させる
 (他に似たようなケースはないか? 他に同じような要望を持っている顧客はいないか?)
ことが重要

 

ニーズの強度を図るためのチェックポイント
・頻度(毎日なのか毎週なのか)
・手間(どのぐらい作業が大変か)
・金額(どのくらいコストがかかっているか)

 

3C分析と3T分析
3C→競合(competitor)、市場(customer)、自社(company)
3T→市場動向(trend)、顧客ターゲット(target)、自社技術・ノウハウ(technology)

 

エクセレントプランのための6つの要素
①収益性(売り上げ、利益増につながるプランかどうか)
②客観性(内容が主観的でなく、客観的がどうか)
③妥当性(内容が目的を達成できる妥当なものかどうか)
④持続性(一過性ではなく、持続性のあるプランかどうか)
⑤展開性(その後の展開が見込まれるブランカどうか)
⑥実現可能性(実現可能性があるかどうか)

 

 

一流ビジネスマンは誰でも知っている ヒットの原理

一流ビジネスマンは誰でも知っている ヒットの原理