電子書籍『What's in my bag?』(鳥羽恒彰)を読んで「トバログ」にはまる

f:id:kotsuna:20190815130722j:plain

電子書籍読み放題サービス「Kindle unlimited」を契約しているので、たまたま「ミニマリスト」で検索した時に出てきたのがこの電子書籍でした。
 
色々と並ぶガジェットのカバー写真。
そして「カバンの中身と愛用品」という言葉。
 
他人が使っている製品や、部屋の中などを見るのが好きで、雑誌でもそんなページがあると喜んで見るタイプの自分なので早速ダウンロードして読んでみました。
 
 
すると海外の駅での写真
そして階段をのぼる男の写真
 
と続き、著者の鳥羽さんの言葉
 
他人のカバンの中身やモノの選びの基準が気になるという人は、きっと僕だけではないはず。面白いかどうかは分からないけど、この本を手にとったあなたに向けて、僕のカバンの中身とそのアイテムを選んだ理由を1点ずつ書き記していこう
 
 
そうこの本は、鳥羽さんのブログ「トバログ」で紹介したアイテムを整理してまとめた1冊になっています。
 
両開きの左側にそのアイテムの写真があり右側でそのアイテムについて書かれています。
 

f:id:kotsuna:20190815124520j:plain

ご丁寧に右上にはQRコードが付いているので、気になったアイテムがあれば、そのQRコードから「トバログ」で紹介したページに飛ぶことができます。
 
読むというより眺めている感じの読書になりましたが、それがとても心地良い。並んでいる商品の写真も綺麗に取れているし、書いている内容もシンプルでわかりやすい。
 
一体どんなブログだろうと「トバログ」の方も読んでみたのですが、まさに私が理想とする内容のブログ。
 
・シンプル
・載っている写真が綺麗
・読みやすい文章
・自分が好むガジェットネタが載っている
 
そのためすぐにFeedlyに登録して、今後はブログをチェックしていこうと思います。
 
この本は「トバログ」を紹介するための本ですね(笑)

 

 

tobalog.com

 
 
 
 
 

田中泰延 『読みたいことを、書けばいい。』を読んでみた

f:id:kotsuna:20190816185203j:plain

読みたいことを、書けばいい。
雑誌かブログでこの本をことを知り、本屋でチェックして読みやすそうなので読んでみましたが、いやはや振り返ってみるとはちゃめちゃな内容で、覚えていることは、
 
文章を書くときは、ターゲットが誰か? 関心持って読んでもらえるか? など考えると必要はない。自分が面白いと思ったことを書けばいいのだ。
 
ということだけ。
まぁ、この本の中でも
 
ライターの考えなど全体の1%以下でよいし、1%以下を伝えるために後の99%以上が要る
 
と書かれているくらいだから、それがわかればこん本を読んだ価値はあるということでしょう(笑)
 
 
ちなみに著者の田中泰延さん
この方は大阪出身で、電通でコピーライター、CMプランナーを24年間されていたとのこと。
 
なので、普通では思いつかないような破天荒な文章は確かに面白いです。この本では自己紹介として、最初の方に田中さんがWEB上に書かれた文章の紹介があり、QRコードも載っているので簡単に読めるようになっています。
 
気になって読んでみたのですが、この本同様に破天荒な文章で読んでいて楽しいです。
 
 
 
ただ破天荒な文章の中にも、しっかりとした調査した上で書かれているというのがよく分かります。
そのことについてはこの本の第3章「どう書くのか」のその2の
タイトル
 
「物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛」
 
を見ればよく分かります。
 
自分が面白いと思うことを書けばいい。でもそのためにはしっかりした「調べ」が必要であり、その調べた内容の基盤の上に文章が成り立っている
 
ということを、自分はこの本から学びました。

 

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

 

 

 

池井戸潤『ノーサイド・ゲーム』を読んでみた

f:id:kotsuna:20190815191621j:plain

TBS系で日曜日の午後9時から放送中のドラマ『ノーサイド・ゲーム』の原作を読み終えました。
当初はドラマが終わってから読むつもりでしたが、図書館で借りてきたということで返却期限というものがあるため、ドラマが絶賛放送中の最中に読むことになりました。
 
自分の中ではこれを読んでしまうことでドラマを観ることが面白く無くなってくるのではないかとの心配もあったのですが、その心配は読んでいるうちに消えました
というのもドラマには主人公であるラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーである君島の家族が出てくるのですが、原作には一切家族は出てきません。
ドラマでは奥さん役の松たか子さんが、意外と印象のある役を演じられていますが、それが今後どう動かれていくのかは、原作にはない設定なので非常に関心深いです。
(他にも原作も面白くて、読まずにはいられないということもありましたが)
 
またドラマが放送中の中読んだことで、ドラマのイメージがそのまま頭の中に反映され読みやすかったですし、まだドラマでは放送されていない内容でも自然とドラマの人物たちが頭の中で動いてくれ、全編を通して非常に読みやすかったです。
 
逆にマイナスとしては結論を知ってしまったことでしょう。
先ほど挙げた主人公の家族がドラマでは出てきているといった幾らかの細かいところの違いはあるかもしれませんが、本筋はやはり原作に沿って作製されているでしょうから、そこは仕方のないところだと思います。
 
 
さて、この本そのものの感想ですが、日本ラグビーにおける現在の問題点を挙げ、そのためにどうすれば良いのかという点が描かれていたのは良かったと思います。
 
ラグビーに関するSNSなどをずっと見ていますが、その中で日本ラグビー協会の問題点を指摘する声が多いです。それがこの本の中でも反映されています。これはラグビーがもっと発展していく上では大切なところで、それを売れっ子作家の池井戸潤さんが書いてくれ、それがドラマとして放送されることでラグビーを知らない人にも知ることとなり、そこから日本ラグビーが変わっていき世間にもっと広まるという効果が生まれることを、いちラグビーファンとして期待したいです。
 
ドラマを見ている人も見ていない人も、ぜひ読んでみてほしい1冊です。
 
 
 
優勝を争うチームと、本当に優勝するチームにはかなりの差がある。
 
彼らが愛しているのはなくラグビーではなく、ラグビー界における自らの地位や権力なのではないか。
だがここには、 それを糾弾する社外取締役も株主もいない。
これこそが日本ラグビー 界の紛れもない現状なのだ。
 一番の被害者は、 選手たちであり、 ファンである。

 

 
練習で10回やって1回でも失敗するプレーは、その一回が本番の時にでる
 
誰もが常に善人でもなく、また悪人でもない。
だから人は変われるし、組織だって変われない事はないと思う。

 

 
今の日本のラグビーは、大企業のをお恵みにすがって何とか生きているに過ぎないスポーツだ。貧乏人が金持ち面して分不相応なことをしている。もっと言うと、アマチュアと言いながら、プロのまね事をして失敗している。しかも、もっとうまい運営方法があるはずなのに、何も努力しない。危機感もなく、怠慢で、しかも倣慢だ。
 
ラグビーに重要なのは、グランドで起きていることを正確に観察し、自分で考え、答えを出す力にほかならない。
 

 

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

 

 

 
 
 

読了『苦しかった時の話をしようか』森岡毅

苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」

USJの再建で脚光を浴び、マーケティングを得意とし、今は自分でマーケティングの会社「刀」を起業させ奮闘されている森岡毅さんが、息子に送る文章として書きためていたものを編集してまとめた本です。
著名な本でキングスレイ・ウォードの『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』(新潮文庫)がありますが、それに近いような本です。(もちろん息子に送るというだけで、書かれている内容そのものは異なりますが)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫

 
 
森岡毅さんの本を読むのは初めてだったのですが、正直なところ処所読むにくいところがあり、305ページあるのですが、読むのに少々時間がかかりました。まぁそれだけ内容が濃かったと捉えることもできます(笑)
 
本の中で一番印象に残っているのは本のタイトルにもなっている第5章。
森岡さんがUSJの前職であるP&Gに働いていた時のことが書かれていますが、よく頑張ったよなぁと同世代の人間としては思わずにはいられませんでした。
苦しかったときがあったからこそ今の自分がある。そう考えると辛い事を避けてきたような自分はまだまだ甘ちゃんだなぁと。
苦しみは別に若い時の特権ではありません。40になろうが、50になろうが、自分がこうなりたい、頑張りたいと思えばやればいい。40代の自分が今苦しみを味わえば、きっとそれが50代、60代の時の自分として役に立つことがあると思います。
 
この本については他にも自分をマーケットする方法や、そのために必要な自分の強みの見つけ方なども書かれています。この辺りは今の自分にはあまり必要がない事なので、さらりと流して読んでしまいましたが、もう少し時間が経ってから改めて読み直してみたいと思います。
 

 

 

Kindle Unlimited 今月の気になる本(2019年7月)

kindle Unlimitedを利用しています。

7月となったので、個人的に気になる本をピックアップしてみました。

(いずれもkindle unlimited契約していれば、タダで読めます)

 

お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短

お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短

 

  

上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣

上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣

 

 

先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫)

先送りせずにすぐやる人に変わる方法 (中経の文庫)

 

  

まんがでわかる トヨタの片づけ (中経☆コミックス)

まんがでわかる トヨタの片づけ (中経☆コミックス)

 

  

すごい効率化

すごい効率化

 

  

集団左遷 新装版 (祥伝社文庫)

集団左遷 新装版 (祥伝社文庫)

 

  

小さな会社・お店のための 値上げの技術

小さな会社・お店のための 値上げの技術

 

  

小学校では学べない 一生役立つ読書術

小学校では学べない 一生役立つ読書術

 

  

仕事のヒント (中経の文庫)

仕事のヒント (中経の文庫)

 
仕事のヒント

仕事のヒント

 

  

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

 

  

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

 

  

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 

 

 

 

 

今年も飲んでみた『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』

f:id:kotsuna:20190620123755j:image

 

6月18日に数量限定で発売となったサッポロビールの『サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー』を飲んでみました。

 

f:id:kotsuna:20190620125025j:image

f:id:kotsuna:20190620125040j:image
f:id:kotsuna:20190620125046j:image
f:id:kotsuna:20190620125032j:image

 

プルトップ部分が黒色になっているのが目を引きます。

意味があるのかどうかは不明ですが・・・。

 

で肝心の味ですが、普通の黒ラベルより苦味があって、それが結構後まで残ります。

なので黒ラベルが晩御飯を食べながら飲む晩酌用としたら、これはバーなどでゆっくりとこれだけを味合うビールですね。

 

期間限定なので、風呂上がりなどにぜひ飲んでみてください。

 

「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー」発売(2019年4月17日) | ニュースリリース | 会社情報 | サッポロビール

 

 

 

 

 

浜辺美波さんの魅力がつまっている映画『センセイ君主』

センセイ君主

別冊マーガレットにて連載されていた幸田もも子先生の作品を実写化したもの。

センセイ君主【期間限定無料】 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

内容は少女漫画によくある学園ラブコメディもので、主人公の女子高生を『君の膵臓をたべたい』で衝撃的なインパクトを残してくれた浜辺美波さん。そして主人公の恋愛対象となっている先生役をTBSドラマ『陸王』にも出ていた竹内涼真君が演じています。

 

この映画を見るきっかけは「浜辺美波」が観たいからという単純な動機から。それくらい自分にとっては印象に残っている『君の膵臓をたべたい』の山内桜良 役。

それを期待して観ていると、違う・・・・。

ブコメディだからかもしれないが、まずブサイク(すみません)

あまり可愛くない(すみません。すみません)。しかもブサ顔連発でどんどん自分の中での「浜辺美波」という女優のイメージが崩れていく。

 

「いやいやこれも彼女の女優としてのキャリアを積むために必要な演技である」と勝手に自分自身を納得させながら観る。

 

そうやって吹っ切って観てしまえば、よくあるパターンの映画ですが、何も考えず素直に楽しめました。

 

途中からは先生の幼馴染で先生に恋をしているライバルが出現。そのライバルである秋香役を、これまた好きな女優の「新川優愛」さんが演じており、「竹内涼真、二人の女性に囲まれて羨ましいぞぉ」と勝手思いつつ気がつけば、映画はエンディングへ。

 

そのエンディングは卒業式。

先生と別れて1年半経った浜辺美波さんが登場。

それまでは長い髪におでこを隠した髪型でしたが、卒業式では髪が短くなり少し大人びた感じに変身。

やはりかわいいです。

 

最初はこんな感じ↓

f:id:kotsuna:20190616083918j:plain

 

これがエンディングではこんな感じに↓(画像がなかったので、近い画像で)

f:id:kotsuna:20190616084250j:plain

 

 

最後はかわいい浜辺美波さんを観られて満足な映画でした。

 

センセイ君主

センセイ君主

 

 

 

 

 

浜辺美波写真集 voyage

浜辺美波写真集 voyage

 

 

 

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい