習慣を変えれば人生が変わる

人生を変える習慣のつくり方 作者: グレッチェン・ルービン,花塚恵 出版社/メーカー: 文響社 発売日: 2016/12/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。 ジョン・ドラ…

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』中島聡

元マイクロソフトに在籍し、Windows95の開発にも加わったプログラマー 中島聡さんの時間術に関する本です。 読み始める前は、プログラマーの方が書かれた本なので、営業職である自分とは仕事に対するやり方がかなり異なるので、学ぶ点は少ないのでは・・・と…

『読んだら忘れない読書術』樺沢紫苑

最近また読書術に関する本が本屋で増えてきています。一時期読書術に関する本をかなり読み、この手の本はもう十分だと思っていたのですが、やはりこうやって本屋に読書術に関する本が出てくると、どうしても手に取りたくなってしまいます。この本もそんな気…

『パラレルキャリア』ナカムラクニオ

何気なく図書館の新刊コーナーで見つけ、パラパラとめくってみるとかなり読みやすそう。副タイトルに「新しい働き方を考えるヒント100」と書いてから自己啓発本だろうし、読んでみるかぁ。という軽い気持ちで借りた1冊ですが、これが自分的には当たりでした…

『SONY 平井改革の1500日』

今年、16年の春にソニーが黒字化になったという記事を読み、「平井社長になってから全く成果の出ておらず、幾多にもおよぶ予算の下方修正で、すっかり見放されてしまっているような感じのあったソニーが、どうやってうまく復活できたのであろうか?」と少な…

『知性だけが武器である――「読む」から始める大人の勉強術』白取春彦

著者の「白取春彦」さんの名前はどこかで聞いたことがありましたが、思い出せずにいました。すると読んでいるうちに「超訳 ニーチェの言葉」を書いた著者であることがわかりました。どうりで読んでいても文章が少し哲学的な感じがするかと・・・。 この本全…

『一流ビジネスマンは誰でも知っているヒットの原理』高杉康成

ヒット商品を作るための一流プランの作り方を紹介。商品企画のアイデアを練っても売れないのは「プランが浅いから」だと著者は言います。 では「深いプラン」とは? この本では今までのヒットの原理を使って売り上げを伸ばすプランの立て方を紹介してくれて…

『小倉昌男 祈りと経営』森健

宅配便の父として「ヤマト運輸」を普通の法人向け運搬会社から全国の家々に物を届ける運搬会社へと変えていった小倉昌男。小倉昌男についての本を色々と出ておりその中でも小倉昌男の書いた『小倉昌男 経営学』は今でもビジネス書のベストセラーとして取り上…

『本のチカラ』 「希望の棚」プロジェクト

東日本大震災の後、自分たちにできることはないだろうか? ということから生まれたFM番組の「希望の本棚プロジェクト」。作家や、アイドル、経営者、DJなどいろいろな著名人の方21人が、自分の背中を押してくれた「希望の本」を紹介していき、それを書籍化し…

『なぜデンマーク人は初任給でイスを買うのか?』小澤良介

著者は家具・インテリア雑貨やオフィスや店舗の内装設計をする会社の社長。海外へ空間やインテリアの視察でよく出かけていくうちに、特に北欧家具の発祥の地であるデンマークに影響を受けたとのこと。 そのデンマークに根付いているのが 「空間=暮らしの質…

『答えはすべて本に書いてある』川上徹也

この本のように、人生の悩みを解決する本を紹介した本というのはいくつか知っているが、この本はその解答例となる本がビジネス書や自己啓発だけでなく、小説やエッセイ、漫画本など様々な本が紹介されているのが非常に面白い。 例えば最初に紹介される「自分…

『ディスプレイ収納のアイディア200 』 主婦の友社

ミニマリストにはまり自分の部屋をシンプルで物のない部屋にしようと格闘しており、大きな書棚も処分した。 しかし白い壁だけが残り、そこは何か寂しく、そして大きめな本が添え付けの棚には入らずと、困っている状況が続いている。 そこでふと雑誌を見てい…

『ごてやん 私を支えた母の教え』稲盛和夫

稲盛和夫さんのお母さんの話ということであまり興味なかったのだが、たまたま図書館で見つけたので借りてみた。 前半は稲盛さんの幼少の頃のことで、そこで稲盛さんの家庭がどんなのだったのかが描かれている。ちなみにタイトルの「ごてやん」とは、素直に言…

無駄な物に追い銭していない??

たまたまお昼のワイドショーを見ていると、芸能人のタンスの奥に眠っている服を、スタイリストやモデルさんが他の物と合わせて、今でも十分着られるようにしようというコーナーがありました。登場した芸能人は数年前から来ていないワンピースやズボン、ジャ…

4月からの営業に向けてこの本を再読。

『月収1万倍仕事術』大坪勇二 もうすぐ3月も終わり、また新たな年度を迎えます。 自分の仕事もラストスパート。もうすぐで刈り取りも完了。 そして4月からまた営業の種まきをしないといけないなぁ と思い、ふと本棚が取り出したのがこの本でした。 営業に…

ツナグ

松坂桃李、樹木希林主演の映画『ツナグ』がTV放送されていたので観てみた。 結論から先に言えば、良かったぁ〜。 死んだ人と会って話がしたい。 そんな思いを叶えてくれるのが「ツナグ」 この映画では4つのエピソードが出てきます。 ひとつは、死んだ母親と…

フォレスト出版が熱い!

YOMiPO | フォレスト出版の尖ったコンテンツをいつでもどこでも読める電子書籍サービス 自己啓発本を色々出しているフォレスト出版。 軽い内容の本が多く、読みやすくて結構好きな出版会社なのですが、 そこが今回 「月額でフォレスト出版の電子書籍が読み放…

『金持ちになる人の財布、貧乏になる人の財布』 羽根田修

どうすればお金が貯まるのか? それは「片付けをすること」 よく5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)がしっかりしている企業は儲かっている。という話し聞くことがありますが、個人も一緒。身の回りをしっかり片付けておけば、お金は自然とたまってくるというこ…

映画『アポロ13』を改めて観てみて

久しぶりにロン・ハワード監督の『アポロ13』を観ました。実際に起こったアポロ13の事件(?)を映画化。ちょうどいま同じくロン・ハワード監督の実際にあった出来事を描いた映画『ラッシュ』が上映されているので、その関連でTV放映されたのでしょうね…

マウスを左手に持ち替えてみたら、意外と良かった

普通パソコンのマウスって自分の利き手に持つことが多いので、 大半の人が右で持っているはず。 自分も当然右手でマウスを握っており、右手で使うことが 当たり前と思っていました。 でも、見積書を作っている時にふと思ったのですが、 「数字を入力している…

映画『レオン』を観たよ。

BSプレミアムで放送されていたリュック・ベッソン監督の『レオン』を観ました。というよりチラ見のつもりが、ついつい観入ってしまいました。 今ではCMで「ドラえもん」をやっているジャン・レノ。この映画以前からリュック・ベッソン監督作品には欠かせない…

東京チカラめし にガックリ

1年ほど前に、大阪の電気街(と言っても最近ではメイドカフェやアニメ、DVDの街と変わってきてしまっているが)の日本橋で初めて、東京チカラめしの焼き牛丼を食べた。それまで吉野家、松屋、すき家の牛丼をよく食べていた自分にとっては、この東京からやっ…

iPhone5s買うのに並びますか?

iPhone5sとiPhone5cが発表されましたね。自分はiPhone3s、iPhone4sときたので、指紋認証が搭載されたiPhone5sを当然買うつもりでいたのですが、昨日SoftBankの料金、キャンペーン発表をみて、少し考えるようになりました。最初docomoが料金やキャンペーンを…

はてなブログを始めてみました

今まで、Amebaブログで主に読書ブログを書いていましたが、ここんとこずっとご無沙汰。読書ブログを書くのが少し疲れたんですよね。 で、ちょっと思ったことなどを書いてみたいなぁ。と思っても今までブログの趣旨とは少し外れるしなぁ。 と思ってなんか書く…