マウスを左手に持ち替えてみたら、意外と良かった

f:id:kotsuna:20140225211352j:image

普通パソコンのマウスって自分の利き手に持つことが多いので、

大半の人が右で持っているはず。
 
自分も当然右手でマウスを握っており、右手で使うことが
当たり前と思っていました。
 
でも、見積書を作っている時にふと思ったのですが、
「数字を入力していることが多いと、数字キーとEnterキーを
押すことが多い。でもこれらってキーボードの右側にある
よなぁ。」
 
そもそもこれに気づいたのは、あるムック本を読んでから。
実際に利き手と逆の左手でマウスを使っており、効果が出ている。
ということが書かれていました。
 
それで、今日はたまたま事務所で事務処理ばかりをしていたので
マウスを左に持ち替えて1日仕事をしてみました。
 
感想としては
 
・数字入力が多い場合は、たしかに右手でマウスを持つより
 左手でもった方が作業が速い
・いつもと逆の手で持つと若干違和感はあるが、ストレスを
 感じるまででもない
・細かい作業(マウスをうまく合わせるなど)は、やはり
 慣れた右手が良い
・コピー&ペーストを繰り返す作業、つまり「Ctrl」+「C」や
 「Ctrl」+「V」を多用する場合は、右手でマウスを持つ方が良い。
・パソコンで調べ物をしながら、ボールペンでノートやメモする
 場合は、左手持ちは非常に便利
 
というところ。
 
トータルで考えると、
マウスは左手で持った方が効率が良い
と思います。
 
まだ1日だけですが、もう少し左手マウスで仕事をしてみようと
思います。
 
ちなみに、MacBookProでこの文章を書いているのですが、
今はマウスを使っておらず、トラックパッドをです(笑)