『本のチカラ』 「希望の棚」プロジェクト

東日本大震災の後、自分たちにできることはないだろうか? ということから生まれたFM番組の「希望の本棚プロジェクト」。作家や、アイドル、経営者、DJなどいろいろな著名人の方21人が、自分の背中を押してくれた「希望の本」を紹介していき、それを書籍化したのがこの本。


そういう背景から生まれたこともあり、私自身、読んでいて非常に前向きになれたし、またそこで紹介された本で「読んでみたい」と思えるものが多数ありました。

 

ちなみに本を紹介された方々は(目次参照)

第1章 光を見つける

ネガティブなときの自分とどう向き合うか……武田双雲
自分の環境に幸せを感じ、一歩踏み出す勇気……浅見帆帆子
人生に期待するのでなく、自分が人生から何を期待されているかを知る……駒崎弘樹
理不尽なことの中にも明るい光を見つける……和田裕美

第2章 自分を認める

神様だってムチャクチャだから、不完全でもしかたない……川上徹也
みんなと違っていい、違うからいい……黒沢一樹
スーパーマンにも、どん底時代がある……木暮太一
誰でも後世のために遺せるものがある……小阪裕司

第3章 見方を変える

心と行いを変えれば、結果は必ず変わる……池田千恵
誰が読んでも面白い、究極の小説……岩崎夏海
いいリーダーになるには当たり前の連続しかない……嶋津良智
父親」という新たな目標を見つける……布川隼汰
いろいろな側面から物事を見る大切さ……立花岳志

第4章 今を大切にする

生きるということは、時間そのもの……小山龍介
「当たり前」が「当たり前」でないと気づく幸せ……中山和義
やるべきときに、やらなければいけないことがある……山田真哉
やりたかった仕事につくということ……美崎栄一郎

第5章 一歩踏み出す

自分の可能性を信じて一歩踏み出す……喜多川泰
夢に向かって頑張る勇気をもらう……仲谷明香
「こんなふうに生きてみたい」という理想が希望になる……北原照久
ビジョンは自由。信じて動けばいい……柘植伊佐夫
次世代につないでいきたい希望の地図……小川もこ

 

 

 

紹介されている本は、小説、エッセイからビジネス書、絵本、単語帳など様々ですが、全体的に名著と言われる「小説」が多いです。

 

特に私が読みたいと思ったが、


川上徹也さん紹介の 

超訳 古事記

超訳 古事記

 

 

駒崎弘樹さん紹介の

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

岩崎夏海さん紹介の 

赤毛のアン

赤毛のアン

 

 

北原照久さん紹介の

原宿ゴールドラッシュ 青雲篇 (エンジェルワークス文庫)

原宿ゴールドラッシュ 青雲篇 (エンジェルワークス文庫)

 

 

特に『超訳 古事記』が読みたいと思ったのが、川上さんの以下の言葉でした


「たくさんの神様が登場しますが、ムチャクチャだらけです。(中略)神様だってこんなにムチャクチャなのだから、まぁ、私はこれでええのや、と。不完全なりに頑張るしかないな。読むたびにそう感じます」

 

古事記」って、言葉だけで内容はほとんど知らないので、日本の国の昔物語、しかもムチャクチャ神様が出てくる物語ですが、非常に気になりました。

 

 

本のチカラ

本のチカラ