読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『一流ビジネスマンは誰でも知っているヒットの原理』高杉康成

 

 ヒット商品を作るための一流プランの作り方を紹介。商品企画のアイデアを練っても売れないのは「プランが浅いから」だと著者は言います。

 

では「深いプラン」とは?

 

この本では今までのヒットの原理を使って売り上げを伸ばすプランの立て方を紹介してくれています。
とても読みやすく文体に、図などもふんだんに取り入れられているので、内容そのものもわかりやすく、気軽に販売のプランニングが学べる本でした。

 

 

キーエンスが高収益を上げられるのは、このようにニーズ情報集めて、新しいプランを練り上げる「仕組み」ができているのです。それが高収益の原動力です。

 

代替方法が少なく、ニーズの強度が強ければ強いほど、商品は売れやすくなるのです

 

「ヒットの原理」の方程式
トレンド(時代を捉える)X ニーズ(行動を読む) = 売れまくり

 

トレンドを発見するため注目すべきポイント
・多いモノ/コト
・変わったモノ/コト
・手間がかかっているモノ/コト

 

ニーズ情報を生かすためには
→深く掘り下げる
 (なぜ? 誰が? 何の価値を?)
→横に連鎖させる
 (他に似たようなケースはないか? 他に同じような要望を持っている顧客はいないか?)
ことが重要

 

ニーズの強度を図るためのチェックポイント
・頻度(毎日なのか毎週なのか)
・手間(どのぐらい作業が大変か)
・金額(どのくらいコストがかかっているか)

 

3C分析と3T分析
3C→競合(competitor)、市場(customer)、自社(company)
3T→市場動向(trend)、顧客ターゲット(target)、自社技術・ノウハウ(technology)

 

エクセレントプランのための6つの要素
①収益性(売り上げ、利益増につながるプランかどうか)
②客観性(内容が主観的でなく、客観的がどうか)
③妥当性(内容が目的を達成できる妥当なものかどうか)
④持続性(一過性ではなく、持続性のあるプランかどうか)
⑤展開性(その後の展開が見込まれるブランカどうか)
⑥実現可能性(実現可能性があるかどうか)

 

 

一流ビジネスマンは誰でも知っている ヒットの原理

一流ビジネスマンは誰でも知っている ヒットの原理