『すぐメモする人がうまくいく』堀宏史 を読む

「メモ」や「手帳」「ノート」と言った言葉に弱く、書店でこの手のタイトルを見つけると、ついつい読みたくなります。

今回も、たまたま書店が見つけたのがこの本でした。

すぐメモする人がうまくいく

 

この本をポイントを書くと以下のようなことになります。

 

とにかく少し立ち止まってでも、しっかりメモする習慣をつけようと言うこと。


なおメモを取る時は、その事象やことばだけを書くのではなく、それについてじぶんが思ったことを書くことが重要。

 

書く物は、手書きでも、スマホでも構わない。スマホならPCと連携できるアプリを使った方が良い。その方が後で整理したり、見返したりすることができるから。

 

スマホは出来事や、抽象的な事を記録していくのに向いている。


手書きは自分の思った事や、感じた事、考えたことなどをメモするのに向いている。

 

とにかく思ったら、気になったら、すぐさまメモを!

 

メモの効用は重々理解出来ているものの、なかなか実行に出来ていない自分。

この本を読んで、改めてきちんとメモしようという気持ちになりました(もちろん実行あるのみですが😅)

 

すぐメモする人がうまくいく

すぐメモする人がうまくいく