4月からの営業に向けてこの本を再読。

 

『月収1万倍仕事術』大坪勇二

 

もうすぐ3月も終わり、また新たな年度を迎えます。

自分の仕事もラストスパート。もうすぐで刈り取りも完了。

 

そして4月からまた営業の種まきをしないといけないなぁ

と思い、ふと本棚が取り出したのがこの本でした。

 

営業に必要なことを、具体的なツールを紹介して教えて

くれているので、この通り実践すれば営業の種が実ること

間違いなし。

 

 

 
◆モチベーションを継続させる3つの原則
 
 (1)成果ではなく「行動そのもの」にフォーカスすること
 (2)「行動するための」時間と、「考えるための」時間を明確に分けること
 (3)最大の原因である「混乱状態を整理」すること
 
 
◆16分割習慣スケジュール帳
 ・1日を4マス(1マス2時間)として、月曜~木曜の4*4=16マスの「聖域時間」を作る
   →コアタイムであり、営業ならお客様と面談する時間
 
 ・金曜日は予備マスとして、サポートタイムとする
   →テレアポや、来週の予定を組む時間
 
 ・マスのルール
  ①マスのゴールをはっきりさせる
    →具体的に何をするのか? を具体化させる
      例)ヒアリング、打ち合わせ、見積もり提出
  ②マスの中でベストを尽くす
 
 ・外出しているマスはピンク、社内にいるマスはオレンジのマーカーを塗る
 
 
◆1日20ポイント獲得シート
 ・行動をポイント制にして、日々の行動を定量化する
   →1日の目標ポイントは、簡単ではないが、ちょっとがんばればできるラインにしておく
 
 ・「ポイントを稼ぐ」ことにフォーカスして、仕組みに脳みそを預けて夢中で行動しているうちに、
  気がついたら私自身たくましく成長していた
 
 ・お客様の意向は関係無く、自分の力だけでポイントを獲得できるので、安定的にたくさんの
  行動を続けることができる
 
 
◆1日10分・目標を書くだけシート
 ・モチベーションを維持する仕組みであり、1日を大切にして、自分が目指す人生を楽しむために
  効果的なツール
 
 ・4つのパート
  ①1日のタイムスケジュール
  ②テーマを進めるタスク+その他タスク
    →行動をできるだけ細分化するようにする
  ③テーマを書き出す(最大10個)
    →作業としては1番最初に行う
      就寝前に自分が今何を達成したいのか思いつくままに書く
      そして多くのテーマに影響を与えている「ツボ」を目立つように大きく印を付ける
  ④「○」のテーマを進める
    →③で見つけた「ツボ」の明日できることを9~16個書く
 
 ・モチベーションとは「自分自身と対話し、自分の取り組んでいる仕事に対して積極的意義を見つけ、
  そこに希望を見出すこと」
 
 
◆人生右肩上がりマップ
 ・マインドマップのような要領で、左下を起点として、右斜め上に書いていく
 
 ・書く事は3枚
  ①「なぜ不安なのか」「何に悩んでいるか」
  ②「不安の解決方法」
  ③「いまやりたいこと」
  ※いずれも、仕事、人間関係、健康に分けてみると良い
 
 ・2枚目でみつかった問題解決のアイデアは、「1日10分・目標を書くだけシート」戻って反映させ
  日々の活動で実行する
 
 ・時間と場所を決めて、1週間に1回は「考える時間」=「ひとり作戦会議」を開く
 
 
◆キラートーク大辞典
 ・気に入ったフレーズや気づきを書き溜めるシート
  タイトル・著者名・気に入った箇所を書く
 
 ・日々の勉強を一言ずつでも蓄積していくことで、大きな成果が生まれます。学びの記録として
  「キラートーク大辞典」を使うことで、数年後の自分に贈る大きな宝物となる
 
 
◆成功に達するための最も効率的な方法
 ①目標が挑戦にするに足るかどうかを検証する
 ②次に「やる」と決めて実行する
 ③大量の行動しつつ、試行錯誤しながらよりよい手段を探っていく
 

 

手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術

手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術

 
月収1850万円を稼いだ勉強法

月収1850万円を稼いだ勉強法